山脇 啓司


資格

あん摩・マッサージ・指圧師、鍼灸師
日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー(JSPO-AT)

プロフィール
大学まで硬式野球部に所属し大学3年・4年生時に全日本大学野球選手権に遊撃手として出場。プロ野球選手を目指していたが、肩を痛めたことがきっかけでプレーする側ではなく選手をサポートする側の職業につきたいという思いで大学卒業後、東京衛生学園専門学校で東洋医学を学び、あん摩・マッサージ・指圧師、鍼灸師の国家資格を取得。

その後、ヤクルトスワローズ1軍トレーナーとして1984年から1993年まで10年間在籍し、選手の治療、コンディショニングサポートに携わり日本一に貢献。

1994年から多くのメジャーリーグ(MLB)選手や日本人MLB選手の手術を担当しているアメリカスポーツ医学会の権威Dr. James Andrewsの下で2年間フェローとしてスポーツ医学を学ぶ。この間シカゴホワイトソックスのマイナーチーム(2A)で選手のサポートにも携わり1995年に帰国。

1996年から中日ドラゴンズで球界初となるコンディショニング&リハビリテーションコーチとなり、当時手術を受け1軍復帰を目指していた山本昌や怪我で戦列を離れていた選手のリハビリを担当。また1・2軍選手のコンディショニングにも携わる。1998年から近鉄バファローズで2軍トレーニングコーチに就任し、若手の体力強化を担当した。

2000年よりフリーとなり、14年間のプロ野球、2年間のアメリカ留学で培った知識、経験を活かし野球をはじめプロゴルファー、Jリーガー、トップアマチュア選手のコンディショニングサポートに携わる。また、アスレティックトレーナー養成専門学校で非常勤講師を9年間務める。

現在は、身体のケア・スポーツ外傷障害の治療を業務とするKスポーツマッサージ鍼灸院院長、アスリートの競技力向上、怪我後の競技復帰に向けてのアスレティック・リハビリテーション、チームでのトレーニング指導を業務とするK Conditioning & Athletic Developmentディレクターとして小学生から大学生まで様々なスポーツ選手、プロ選手のコンディショニングサポートを行なっている。


経歴
第26回世界アマチュア野球選手権大会 トレーナー

(1980年)

ヤクルトスワローズ 1軍トレーナー

(1984年~1993年)

American Sports Medicine Institute 研究員

(1994年~1995年)

中日ドラゴンズ コンディショニング&リハビリテーションコーチ(1996年~1997年)

近鉄バファローズ 2軍トレーニングコーチ

(1998年~1999年)

Progressive Conditioning Enterprise 代表

(2000年~現在)

東京リゾート&スポーツ専門学校トレーナー科 非常勤講師

(2000年~2008年)

ヨセミテマッサージ鍼灸治療院 院長

(2004年~2008年)

八王子スポーツマッサージ鍼灸治療院 院長

(2009年)

八王子メディカルフィットネスセンター 統括ディレクター(2009年)

Kスポーツマッサージ鍼灸院 院長

(2010年~現在)

K Conditioning & Athletic Development ディレクター(2010年~現在)


著書 

コンディショニングの科学
(朝倉書房 1995年 共著)

コンディショニング オブ ベースボール

(ベースボールマガジン社 1996年)

アスレティック・リハビリテーション

(医学出版 2006年)

連載:コンディショニングトレーナーのアメリカ訪問記

(月刊Spoersmedicine 170号~175号 2015年)

DVD  野球肩&野球肘 予防・改善プログラム

(プロスポーツ出版 2016年)



スタッフページへ